WEB用語集

BBS【ビービーエス】

BBS
『Bulletin Board System』の略で『電子』の意味。
 参加者が自由に文章などを投稿し、書き込みを連ねていくことでコミュニケーションできるWebページ。
開設者がタイトルやテーマなどを決め、参加者が内容に沿った書き込みをしていく。 書き込まれた内容は投稿された時間あるいは記事の内容別に並べられ、参加者が一覧できるように表示される。 Webサイトのコーナーの一つとして設置されるほか、様々なテーマのを集めたの集合体のようなWebサイトなどもある。 を設置するにはサーバーCGIなどを使って書かれたプログラムをインストールする必要がある。 かつては文字情報のみが投稿できるが主流だったが、最近では画像を添付して投稿できるものや、ファイルをアップロードして共有できる、顔文字や飾り文字などで表現力を高めたなど様々な種類のものが利用されている。

CGI【シージーアイ】

CGI
『Common Gateway Interface』の略。
 ウェブサーバープログラムの機能の主体は、あらかじめ用意された情報を利用者の要求に応じて送り返すことである。 そのためサーバープログラム単体では情報をその場で動的に生成して利用者に送信するような仕組みを作ることはできなかった。 そこで、サーバープログラムから他のプログラムを呼び出し、その処理結果を利用者に送信する方法が考案された。 それを実現するためのサーバープログラムと外部プログラムとの連携法の取り決めがCGIである。 CGIを用いるプログラムとしてはどのようなプログラミング言語等で記述することもできるが、近年ではC言語PerlPHPなどが使われている。
 BBS(電子)ショッピングカートブログなどを作る目的でCGIを用いることがある。これらはいずれも利用者の書き込みやアクセスによって表示内容が変わっていく動的なものであるため、CGIのような技術が必要になる。

cookie【クッキー】

cookie
『HTTP cookie』の略。
HTTPにおけるWebサーバWebブラウザ間で状態を管理するプロトコル、またそこで用いられるWebブラウザに保存された情報のことを指す。ユーザ識別やセッション管理を実現する目的などに利用される。

C言語【シー ゲンゴ】

CGI
B言語という言語の後継として開発されたためCと名づけられた。 Cの拡張版であるC++言語とともに、現在もっとも普及しているプログラミング言語である。

GPL【ジーピーエル】

GPL
『GNU General Public License』の略。
プログラムの著作物の複製物を所持している者に対し、概ね以下のことを許諾するライセンス。
1. プログラムの実行
2. プログラムの動作を調べ、それを改変すること(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)
3. 複製物の再頒布
4. プログラムを改良し、改良を公衆にリリースする権利(ソースコードへのアクセスは、その前提になる)

HTTP【エイチティーティーピー】

HTTP
『HyperText Transfer Protocol』の略。
Webサーバクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するのに使われるプロトコル。 HTML文書や、文書に関連付けられている画像、音声、動画などのファイルを、表現形式などの情報を含めてやり取りできる。

java script 【ジャバ スクリプト】

javascript
『js』と省略されることがある。スクリプト言語(簡易プログラミング言語)。
 Java言語に似た記法を用いるが直接の互換性は無い。 主にWebブラウザ上で動作し、HTMLの動的書き換えや入力フォームの自動補完など、 Webページに動きや対話性、使いやすさを付加することを目的に開発され、主要なWebブラウザのほとんどに搭載されている。

Perl【パール】

perl
『Practical Extraction and Report Language』の略。プログラミング言語およびその処理系。
 Perl言語は、記述の美しさよりも実用性をモットーにしており、C言語など他のプログラミング言語のすぐれた機能を取り入れている。 WebページのBBSやチャットなどのCGIやシステム管理、テキスト処理などのプログラムを書くのに広く用いられている。 言語処理系としてのperlはフリーソフトウェアであり、アーティスティック・ライセンスおよびGPLのもとで配布されており、誰でもどちらかのライセンスを選択して利用することができる。UNIXやWindowsなどの多種のOSの上で動作する。

PHP【ビーエイチピー】

PHP
『PHP : Hypertext Preprocessor』の略。プログラミング言語およびその処理系。
 動的にWebページを生成するWebサーバーの拡張機能の一つ。動的に生成されるページの作成に向いている。 また、XMLのサポートや各種データベースとの連携に優れている点などから近年普及しつつある。 プログラムの表記法はC言語、Java、Perlの各言語から転用したものがベースとなっているが、PHP独自のものもある。 言語仕様やプログラムはオープンソースソフトウェアとして無償で入手することができる。

SEO対策【エスイーオータイサク】

SEO対策
SEOは『Search Engine Optimization』の略。検索エンジンの検索結果でより上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術。
  検索エンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示するが、その際の表示順位はそれぞれの検索エンジンが独自の方式にのっとって決定している。この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増えるため、検索順位を上げるために様々な試みを行なう場合がある。その様々な技術や手法を総称してSEOという。  
  Webページの全文検索を行なって一定の法則に従って順位を決定しているロボット型の検索エンジンでは、その法則を分析することで、特定のキーワードで検索された時に上位に表示されやすいWebページを記述することができる。日本では、利用者の多いYahoo!・Google・msnといった検索エンジンが重視されている。

UNIX【ユニックス】

ユニックス
1969年、米AT&Tベル研究所で、Ken ThompsonとDennis Ritchieという2人の研究者によって開発されたOS。 UNIXの第一の特徴は移植性の高さ。ハードウェアに依存しない移植性の高いC言語で記述されており、多くのプラットフォームに移植されている。その他、複数のユーザーが複数のプロセスを同時に実行できるマルチユーザー・マルチタスク機能の提供、複数の選択可能なシェルによる対話的処理の実現、単機能コマンドの組み合わせによる高度な機能の提供、デバイスに対する統一されたインターフェイスの提供、階層型ファイルシステムの採用、一貫したファイルの概念などがあげられる。

Yahoo! カテゴリ【ヤフー カテゴリ】

Yahoo! カテゴリ
SEO対策の一つ。日本で一番利用されている検索エンジンであるYahoo!の検索結果の最初のページに表示されやすくなる。
 Yahoo!カテゴリに登録されたサイトは、Yahoo!カテゴリに登録サイトとして掲載されるほか、Yahoo!検索で「登録サイト」を対象に検索したときの検索結果にも、検索キーワードに応じて表示される。 ただし、申し込んだすべてのサイトが登録されるとは限らない。

Web【ウェブ】

Web
『World Wide Web(ワールド ワイド ウェブ、略名:WWW)』の総称。
webはインターネットの一部で、世界中のどこからでもアクセス可能なネットワークのシステムのことである。インターネットは、コンピュータネットワーク自体を指す言葉で、webの様に世界中のコンピュータがつながっているネットワークもインターネットであり、コンピュータ2台をつないだだけのネットワークもインターネットである。

アップロード【upload】

アップロード
自分のパソコンに保存された画像や音声、プログラムファイルなどを、ネットワークを通して他のコンピュータに送信する作業のこと。

クライアント【client】

クライアント
コンピュータネットワークにおいて、サーバコンピュータの提供する機能やデータを利用するコンピュータのこと。 家庭でインターネットを利用する際のパソコンなどが該当する。 また、サーバソフトウェアの提供する機能やデータ利用するソフトウェアのこと。 Webブラウザなどが該当する。

サイト【site】

サイト
Webサイト』の総称。
 1冊の本のように、ひとまとまりに公開されているWebページ群。 また、そのWebページ群が置いてあるインターネット上での場所。 Webサイト内のページはリンクで連結され、互いに行き来できるようになっている。 Webサイトの入り口であるトップページ(ホームページ)と、Webサイトを構成する一連のWebページ、画像ファイルなどから成る。 Webサイトは、World Wide Web(WWW)上にあり、(一般に)特定のドメイン名の下にある複数のWebページの集まりのこと。

サーバ【server】

サーバー
コンピュータネットワークにおいて、クライアントコンピュータに対し、自身の持っている機能やデータを提供するコンピュータのこと。インターネットにおけるWWWサーバなどが該当する。また、クライアントソフトウェアに対し、自身の持っている機能やデータを提供するソフトウェアのこと。

ショッピングカート【shopping cart】

ショッピングカート
『買い物かご』とも言う。
 インターネット上の通信販売で一般にCGIを利用して買いたい商品を一時的にリストアップできる機能である。この機能ではショピングサイト側のサーバーHTTP cookieを利用した働きにより、購入しようと選択した商品のリストが自動的に作成され、商品選択やショッピングカート確認の都度、合算した金額が示されるようになっている(ただし商品価格の合計金額は、送料や決算方法や梱包に伴う手数料などは別である場合も少なくない)。
  なおインターネットを利用したオンライン販売では、操作ミスや通信トラブルなどの問題が懸念されるため、これらショッピングカート機能では一旦「どんな商品を選択したか」が購入決定前に何度でも確認できるようになっており、「間違って買ってしまう」事故が防げると考えられている。消費者はこのリストを見て、誤った操作でリストに加えてしまった必要の無い商品の購入操作を、簡単に取り消すことができる。 最終的にリストを見ながら操作間違いなどが無い事を確認した消費者は、購入決定の操作を行うことで、商品の購入から精算・届け先の指定といった操作に進むことが出来る。なお最終的な購入決定の操作を行うまでは、リスト上の商品が発注処理されることは無いため、現実のショッピングカートとは違い、必要ならいつでもWebブラウザを閉じるなどして「ショッピングカートを放り出して買い物を中止する」ことが可能である。

スクリプト【script】

スクリプト
 機械語への変換作業を省略して簡単に実行できるようにした簡易プログラム。通常、プログラムはプログラマの書いたソースコード(設計図)をもとにコンピュータの理解できる機械語に変換して実行されるが、そのプロセスを自動化して簡単に実行できるようにしたものをスクリプトという。特に、Webページ上で、HTMLだけではできない様々な機能を利用するための簡易的なプログラムをスクリプトと言うことがある。

ドメイン【domain】

ドメイン
『ドメイン名』とも言う。
ドメインとは、ホスト名でも使われる、インターネット上に存在するコンピュータやネットワークにつけられる識別子。 インターネット上の住所のようなもの。 数字の羅列であるIPアドレスは人間にとって扱いにくいため、アルファベットと数字(と一部の記号)を使うことができるドメイン名を別名として運用するようになった。
  ドメイン名は実世界の住所のように階層構造になっており、「.(ドット)」で区切られた右側からトップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、サードレベルドメイン…と並んでいる。
  『http://zerocadweb.com』でいえば『zerocadweb.com』がドメイン名、『.com』がトップレベルドメイン、『zerocadweb』がセカンドレベルドメインとなる。
ちなみにセカンドレベルドメインには、国際化ドメイン名と言って、英数字以外の文字列を登録することも出来る。 例えば味の素の場合、国際化ドメインを使わない通常のドメインの場合 http://www.ajinomoto.co.jp/ となるが、国際化ドメインを使って http://味の素.jp/ と入力しても表示される。 ただし、国際化ドメインを利用する際には対応したブラウザを使用する必要がある。

ブラウザ【browser】

ブラウザ
 Webページを閲覧するためのアプリケーションソフト。インターネットからHTMLファイルや画像ファイル、音楽ファイルなどをダウンロードし、レイアウトを解析して表示・再生する。
 フォームを使用してユーザがデータをWebサーバに送信したり、JavaScriptやFlashなどで記述されたアプリケーションソフトを動作させたりすることも可能である。

ブログ【blog】

ブログ
『WebをLogする』という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。
 HTMLを知らなくてもブログ向けのソフトウェアを使えば、Webブラウザから手軽に情報の発信・更新ができる。 それぞれの項目にはタイトルがつけられ、時間軸やカテゴリで投稿を整理、分類する構造となっている。用途は広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものもある。

プログラミング【Programming】

プログラミング
プログラミング(Programming)とは、コンピュータの行う処理の手順を作成することによりを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

リスティング広告【listing advertisement】

リスティング広告
 検索エンジンの検索結果ページに有料でテキスト広告を表示するサービス。 リスティング事業者に料金を払ってキーワードを登録すると、大手ポータルサイトなどからそのキーワードで検索したときに、検索結果の上位ページに「スポンサーサイト」などと題して自社サイトの広告が表示される。 的確なキーワードを設定することにより、サイトへのアクセス数を増やすことができる。1つのキーワードに複数の会社が登録した場合には、掲載スペースをオークション形式で競売することになる。  
 課金単位は広告のクリック数である場合が多く、クリック率が高い広告ほど料金が割安になったり、有利な位置に掲載されるようになっている場合が多い。 つまり、自社製品と関係なく単に検索される回数の多いキーワードにやたらに広告を配信するよりも、自社製品と関係する分野に関心のある人が検索するような的確なキーワードを設定したほうが、結局は安価で広告効果が高まる。こうした特徴は、検索エンジンの利用者にとっては、自分の関心と無関係に配信される従来の広告よりも、コンテンツとしての価値の高い(「邪魔」でない)広告が配信されることになる。 このため、広告主にとっても利用者にとっても従来より有用な広告形態であると言われている。

リンク【link】

リンク
『ハイパーリンク』のことを簡略化した言い方。Web上におけるurlなど。
文書内に埋め込まれた、他の文書や画像などの位置情報。 ハイパーリンクを用いて複数の文書、および関連する画像などのオブジェクトを関連付けたシステムをハイパーテキストという。 WWWはハイパーテキストの代表例で、Webブラウザで文書を表示し、リンクのある場所をマウスでクリックすると、関連づけられたリンク先にジャンプするようになっている。